よくある質問

l_209

 

 

 

 

 

 

今日もたくさんのお問合せありがとうございます!

お客様からよくいただく質問について、お答えします。

 

①本当に無料なの?費用はかからないの?

⇒はい、本当に費用はかかりません。引取り、レッカー、手続きも一切無料です。

 

②なんで無料でできるの?

⇒当社は、自動車をあらゆる方向から価値を付け、お金に変えることで、費用に充てています。

 中古車としての価値(いわゆる車の買取)はもちろん、年数が経って古い、走行距離が多い、傷が多い、

 故障して動かない、何年も放置している、事故車で潰れている、など、車としての価値が出ない

 ものでも、中古車としてではなく、鉄やプラスチック、ガラスなどの素材として価値を見出し

 素材の価値でお金に変えて費用に充てています。

 

③レッカーを頼むと高額な費用になると聞いているが?

⇒はい、高額です。事故や故障等でレッカー移動を頼むと数万円~単位で費用が発生します。

 これは、動かない車を移動させるという目的だからです。

 レッカー屋さんは、こういう移動を商売として営んでおりますので、費用が発生するのです。

 でも、当社は移動させるのが目的ではなく、車の処分とリサイクルが目的で、

 そのための移動ですので、この部分の費用はいただく必要がありません。

 

④後から請求されたりしないの?

⇒請求することはありません。

 

⑤費用が発生することはあるの?

⇒ほとんどの場合、費用が発生することはありません。

 まれに費用が発生することはありますが、事前にお客様と協議の上、見積もりを出し、

 ご了承をいただいた上での実行となります。

 どういう場合かというと、トラックやレッカー車が入っていけないような、非常に狭い場所での引取りや

 特殊車輌(大型クレーン車など)が必要な場合、人手が数人必要な場合など、特殊なケースでは

 ご相談させていただくことがあります。

 

⑥どうやって引取りをするの?持って行ったほうがいい?

⇒ほとんどの場合は、ローダーという自動車用の積載車で伺って引き上げます。

 大きさは様々ですが、2t~8tのトラックです。

 わかりやすく言うと、佐川急便さんの配達トラックが4tくらいです。

 道路幅が8mあれば、ほとんどのトラックは入れます。

 通常よくある路地が、だいたい4mくらいです。4tトラックなら入れます。

 その他にも、レッカー車があります。よく見かけるJAFさんがレッカー車です。

 小型なので、乗用車が通れれば、大抵の場所は入れます。

 積載車は1台積み~4台積み位の大きさで引取りに伺います。

 お客様のご事情に応じて、手配を組みます。

 

 当社で承る場合、お客様が持ち込む必要はありません。

 お客様のご都合に応じて調整いたします。

 ご日程お時間等のご調整も、お客様専任の担当者が行いますので、

 お客様ご自身で業者さんとやり取りを何度も行うことはありませんので、ご安心ください。

 

⑦なんで免許証のコピーが必要なの?

⇒お客様の本人確認のために必要となります。

 古物営業法という法律で定められており、管轄の公安委員会からの通達により必須となっております。

 当社では原則所有者ご本人様のお立合いにて引取りをさせていただき、

 引取り時に身分証明書をご提示いただき、本人確認をするとともに、コピーをご提出いただき

 記録を取らせていただいております。

 

⑧引取り時に代理人ではダメなの?

⇒原則として所有者ご本人様となりますが、ご家族ご友人等の代理人でも承ります。

 代理人様の場合、本人確認の方法が変わりますので、お問合せ時にご案内いたします。

 

⑨書類は何が必要なの?

⇒普通車の場合、車検証・自賠責保険証書・印鑑証明書・委任状・譲渡証明書・免許証コピー

 軽自動車の場合、車検証・自賠責保険証書・申請用依頼書・免許証コピー

 以上となります。

 但し、お引越しがある、ご結婚等で名前が変わっている、等ケースバイケースになりますので

 コンサルタントがご事情を伺い、最適な必要書類をご案内させていただきます。

 ※こちらにも画像付きでわかりやすくご案内しておりますので、ご覧ください。

 

⑩なぜそんなに書類が必要なの?

⇒自動車は国土交通省の管轄で管理されており、各地方の運輸局で処理をされております。

 新車や中古車での登録時に名義を登録しており、その際に印鑑証明書や住民票を使用しています。

 車を買うと必要ですね。

 廃車時にも、所有者が廃車をするという意思表示が書面で必要で、そのために様々な書類を

 ご提出いただきます。

 お預かりする書類は、すべて運輸支局に提出し、当社では保持しません。

 保管中も厳重に保管し、弊社到着後1週間以内に手続きを行っています。

 

⑪中古車買取と廃車買取の違いは?

⇒簡単にご説明すると、買取後もお店に並ぶ車とそうではない車の違いです。

 車は、車種・年式・走行距離で、おおよその残価(残存価値)が決まっています。

 その基準はというと、保険会社などでは残価設定表などで決められていたり、

 中古車業者や買取業者等では、相場がリアルタイムで検索できるシステムに加盟していて

 残価を調べたりします。

 この基準価格をもとに、お客様との商談を進めていきます。

 この残価で、金額が付いていなかったり、数万円程度の残価の場合は、中古車買取ではなく

 廃車買取となり、中古車相場での買取ではなく、鉄相場での買取価格となるのです。

 自動車として買い取るか、資源として買い取るか、基準が違うため、ご商談内容も変わってくるのです。

 

⑫所有権ってなに?

⇒ローンなどで購入した場合、払い終わるまでは、その自動車の持ち主(所有者)ではなく

 使用権を持つ人(使用者)となり、ローン会社やディーラーが所有者として登録されます。

 この状態を所有権といいます。

 まれに現金一括で購入したのに所有権が付いている場合がありますので、注意が必要です。

 

⑬ローンは払い終わったのに、所有権が付いているのはなぜ?

⇒ローンが終わっても、手続きをしないと所有名義は変わりません。

 その後、車検を通しても、所有権解除という手続きを申し出て、手続きを踏まなければ

 所有名義が変更されることはありません。

 そのまま乗っていても、特に問題はありませんが、廃車時に手続きをすることになり

 煩雑な手続きをすることになります。

 当社では、廃車時の所有権解除手続きも同時に行うことができます。

 もちろん費用はいただきません。

 

⑭廃車手続きが終わったら、どうなるの?

⇒当社では、移転抹消という手続きを行います。

 まず、お客様の名義から当社名義に変更手続きを行い、お客様名義が残らないようにします。(移転)

 その後、名義の抹消手続きを行い、自動車の使用中止(一時抹消)の登録を行うのです。

 これを同時に行いますので、移転して抹消、移転抹消手続きとなります。

 これを行うのは、お客様のお名前・住所を消すためと、全国の処理を一括して行うため、

 この2つの理由からです。

 「抹消」・・・というと、名前も住所も消されるイメージですが、自動車を使用している状態を

 やめるという意味で、名義が消えるわけではありません。ですので、一旦当社名義へ変更することで

 お客様の情報を変えてしまう手続きをするのです。

 

⑮自動車税と重量税の違い

⇒よく勘違いされている方が多いです。

 自動車税:春に通知が来る税金で、毎年支払う税金です。

  車検の有無に関係なく、廃車手続きをしない限り、課税されます。

 重量税:車検時に2年分先払いする税金です。(新車時は3年分)

  中古車売買の場合は還付されません。廃車をし、かつ解体を行い、解体登録をし、

  永久抹消という手続きをすることで、還付されます。

  解体の登録は、リサイクル法で認可を受けた自動車解体事業者しかできません。

  ですので、ナンバーを返して抹消し、車体は自宅に置いておく状態では還付は受けられません。

  当社で廃車をしていただくと、車検の残っているお客様には、重量税還付の手続きもさせて

  いただきます。

TOP