事故車の見極め方①

先日、事故車の定義を簡潔に記載させて頂きましたが、

今回は、購入するにあたって一般の方が事故車かどうかを

本当に判断するには、様々な知識や経験が必要となります。

完全にとは難しいのでポイントをいくつかご紹介致します。

 POINT①

 「ボンネットやフェンダーの外装パネルのねじの部分を見る」

新車の状態ではねじも塗装しているものがほとんどです。

もし、修理や交換をされている場合は、基本ねじを外さないと修正ができません。

その時に傷が付き、ねじの塗装が剥げていたり、山が擦り減ってしまいます。

 POINT②

 「外装パネルの隙間の間隔を見る」
 
日本の各メーカーの車両を作る技術は世界でもトップレベルです。

等間隔で作られていますので、隙間もほぼ均等になっています。

鉄なので一度曲がってしまったものを戻すのは難しいです。

その影響により隙間の間隔が他の所に比べ広かったり、狭かったりしています。

 

・・・(つづく)

TOP