事故車の見極め方②

 POINT③

 「フレームに歪みがないか確認をする」

これはちょっと高度になりますが、骨格の部分でサイドメンバー・クロスメンバー等

車の「骨格」があります。

車種によって見えないものもありますが、基本ボンネットを開けると見える様になってます。

そこの先端に曲がりや歪みがないかの確認をしましょう。

大きな事故をしてしまうと、バンパーは交換すれば見た目はわかりません。

しかしそのメンバーが曲がってしまうと、新車同様に修復するのは難しいです。


これがちょっとしたポイントになります。

但し、上記が該当したからといって必ず事故車ではありませんので、

お間違いない様にしてください。参考程度にして頂ければ・・。

 

・・・・(つづく)

TOP