事故車(修復歴車)とは・・①

一見「事故車」と言われると交通事故を起こしたのが

全て事故車と思われる方がいると思いますが、

今回は事故車についてお話し致します。

上記の通り、交通事故=事故車 ではありません。

車業界の事故車とは車の骨格の部分を修正・交換・歪み(部位による)などを

「事故車または修復歴車」と呼ばれています。

そういわれてもピンと来ないと思いますので、

人間の体で例えると・・・

「車の骨格」=「人間の骨」の部分となります。

その「骨」の部分が「骨折」してしまい、修理・交換等を

すると事故車になってしまいます。


車両の外側の部分でボンネット・ドアパネル・フェンダー等がありますが、

傷やへこみが付いて交換や修正をしても、

こちらは人間で言う「皮や皮膚」になりますので事故車扱いにはなりません。

例えば

「軽微な交通事故で側面から車に突っ込まれた!

 でも修理したのは、ドアを交換しただけ・・ 」

なんて事もありますが、もちろんこちらは業界の中の「事故車扱い」とはなりません。

逆に事故は起こした事はないけど・・事故車と言われた!って方もいらっしゃいます。


その内容とは・・・(つづく)

TOP