廃車とわたし

はじめまして。豆の助です。

「廃車」。

インターネットの普及で、自分でもどんなふうにマイカーを手放すか
情報を集めて、選択できるようになりました。

 

振り返ると、自分が車を手放したときは、知人の車屋さんにお願いしました。
(ちなみに、前の所有者さんがつけたスーバーチャージャーのおかげで、力強いかっこいいVIVIO君でした)

たまたま、知り合いに車屋さんがいましたけど、そうじゃなかったらどうしていたかな?

面倒くさがりの自分。
インターネットで調べても、とことんまでは調べない自分が想像つくもので。

手数料がかかっても、丸投げおねがい!としていたかもしれません。

でも、丸投げお願い!したものの、、お願いした後どうなったのか、気になるもので。
役所の手続きは?そういえば、税金は止めてくれたんだよね?

それから、えっと、、他にはなにかないよね??

やっぱりわからないことである分、不安、不安、やっぱり不安。

廃車をお願いしたときのひとつのポイントは、廃車の証明書が手元に届く。
それがあれば、万が一手放した後に、持っていた車のことでなにかあっても対処できるからです。
(くるまどでは、もちろん手続き完了後にお渡ししております。)

他のポイントは、車にかかわる税金関係が止められていること。
車に係る税金とは、自動車税と重量税があります。
自分の車ではなくなるのですから、納税の義務もないはずですよね。

昔の自分にアドバイスするなら、そこを教えてあげたいです。

TOP