車の買取価格

begginers-assecement            

 

 

 

 

車の買取価格って、どうやって出しているのでしょう?

皆様、一番気になるところですよね。  

そもそもの話から。

自動車の価格は、新車の価格が一番高いです(当たり前ですね)。

でも、これは販売価格です。買取価格ではないです。

販売価格には、材料費(鉄とかプラスチックとか)、製造コスト(工場を動かす、そこで働く人件費とか)、販売コスト(販売店の各種経費と利益)、等々、 いろいろなコストがかかっています。  

自動車は、新車からナンバープレートを付けた(車検証が発行された)時点で、中古車となります。 その瞬間から、評価価値は下がっていきます。 新品ではないので、これも当然ですよね。

ですので、例外を除いて、購入金額でユーザーが売却できて、損をしないなんてことは ほぼありません。皆無です。  

では、中古車はどのように評価価値がつくのでしょう?

一例を申し上げますと、 中古車は、車種/年式/走行距離で、おおよその評価価値が決まっています。

※評価価値=カンタンに言うと、車の卸価格のようなもの ほとんどの車買取店では、これをはじき出すシステムを導入していて、おおよそのプライスが出てきます。  

では、お店によって価格が違うのはなぜでしょう?

プライスのベース価格は、先ほどのシステムから算出できますので、どのお店もさほど変わりないと思いますが、 それでも、中古車の状態というのは千差万別で、1台として同じ状態のものはありません。

また、ここからがポイントですが、 そのお店が、買い取った車をどうやって転売していくのか、どういうルートをもっているのか、 ここがポイントで、それぞれのお店や会社の腕の見せ所なんです。  

自社で再販(買い取った車を、またユーザーへ販売すること)や、自動車オークション会場で競りにかけて売る方法や、 海外に輸出をする方法など・・・当然ルートが多いほうが選択肢がありますので、価格を出す余地は出てきます。

  例えば、当社で言うと、 オークション会場での売却は、日本全国の会場に参加していて、全国どこでも出品が可能です。 とても厳しいオークション会場の審査を通過し、全国で参加できる権利を当社は持っています。

ですので、「東北では安いけど、関東なら高く売れる」このようなケースでは、関東まで運び売却したりします。  

海外の販売ルートも持っています。 主に東南アジアですが、マレーシア、タイ、シンガポール、ベトナム、ミャンマーなどへ 提携している商社を通じて輸出もしていますし、他の国へ出すルートはないか、常にアンテナを張っています。  

国内でも、中古車販売店、自動車整備、鈑金工場、自動車解体工場、などの自動車を扱う専門店や 国内最大手の鉄資源マテリアルメーカーと業務提携を結び、資源としても販売できる体制をとっています。

  少しでも高く転売することで、結果的にお客様から高価買取できますし、当社の利益も出すことができます。 そのため、様々な販売先ルートを構築しています。  

「いくらで買い取ってくれますか~?」

どんどん聞いてください!

私たちもたくさん質問すると思います。少し面倒かもしれませんが、お付き合いください!

少しでも高く買い取るためなんです。  

お客様からよく聞かれることですが、「いつ、どのタイミングが売り時なのか?」 答えは簡単です。  

『今でしょ!』  

寒いギャグではないですよΣ(゚Д゚)

お客様が、売ろう!と思ったその時が一番高いです。

なぜなら・・・これはまた次回に。

TOP