夏の車の故障

259135_149851335088200_100001900025288_306767_5664113_o

 

 

 

 

 

もうすぐお盆休み、1年で最も車が酷使され厳しい条件の中、走行する時期になります。

今年は体感的にも猛暑、気温は35℃を超え、アスファルトの上では軽く40℃を超えてますね。

そんな気温の中、エアコンをかけて乗る車内はとても快適ですよね。

ちなみに、乗る前2分くらい、エアコンを外気導入でかけて、窓とドアを開けておくと、

すぐに涼しくなりますよ。

 

夏の車の故障といえば、なんでしょう・・・

一般道路では、バッテリー、高速道路ではタイヤの不具合が一番多いんです。(下の表もご覧ください)

 

index

 

 

 

なぜバッテリーなのか、それは電気を多く使う時期だから。

この猛暑ですから、当然エアコンは冷却全開、夜になればライトをつけて、オーディオやナビも使うし・・・もちろんエンジンを動かすにも電力は必要です。

特に夏場にエアコンの電力消費量は自動車が電気を作れる容量の最大4割近くを使っています。

バッテリーが弱っていれば・・・足りなくなりますよね。

 

そして、高速道路で多い、タイヤの不具合。

SN390016

実は、私もタイヤバースト経験があります。

高速道路でバーストしまして、びっくりしました!

原因は、エアバルブの劣化。バルブからエアが漏れて、エア圧が低下し、高速運転でバースト。

刑事ドラマのように、タイヤがバースト(破裂)しても、車がひっくり返ったりすることはないので、

万一なったときは、冷静に、ハンドルをしっかり持って、側道に寄せて停車すれば安全です。

 

もうすぐ夏休み。長期お休みでロングドライブをすることもあるかと思いますが、

出かける前にちょっとした点検をするだけでトラブルを回避できます。

行きつけのガソリンスタンドやディーラーで、タイヤの空気圧やバッテリーを点検してもらうだけでも

安心です。

お盆前の点検は、明日明後日この週末がラストチャンス!ディーラーさんは、おおむね来週からお休みに

入りますよ!

 

この猛暑の中、お盆の大渋滞の中、トラブルで止まったら最悪です。気を付けましょう!

 

※以下、JAFホームページより転載

一般道路

順位救援依頼内容件数構成比
1過放電バッテリー20,50330.15
2タイヤのパンク
(バースト、エア圧不足含む)
9,62114.15
3キー閉じ込み6,2509.19
4落輪・落込5,2127.66
5破損/劣化バッテリー3,8565.67
6事故2,9824.39
7燃料切れ1,9132.81
8発電機/充電回路1,6062.36
9スタータモータ1,1501.69
10ハンドルロック・キー作動機構9461.39
以上計54,03979.46
その他合計13,96520.54
総合計68,004100.00

高速道路

順位救援依頼内容件数構成比
1タイヤのパンク
(バースト、エア圧不足含む)
1,19730.29
2燃料切れ43811.08
3事故3829.67
4過放電バッテリー3027.64
5発電機/充電回路1082.73
6破損/劣化バッテリー761.92
7オートマチックミッション611.54
8キー閉じ込み561.42
9ラジエター501.27
10補機駆動ベルト491.24
以上計271968.80
その他合計123331.20
総合計3952

100.00

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ